トレンド

ラーメンは年間990万杯の人気 好調「スシロー」を支えるこだわりの数々

焼いた鯛のアラでだしをとった「鯛だし塩ラーメン」

焼いた鯛のアラでだしをとった「鯛だし塩ラーメン」

 コロナ禍で飲食産業が軒並み打撃を受ける中、回転寿司チェーンの『スシロー』は前年比利益150%を達成。「うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯。」を掲げた大阪の立ち食いすしからスタートし、いまでは国内外に651店を展開する(7月14日現在)。国内でも都心部を中心に、続々と出店を続けている。こうした快進撃を遂げる理由のひとつに、持ち帰りすしの充実がある。

「自宅で家族と作って食べられるスシロー手巻セットが好評だったことが大きかった」とは、同社広報の圓尾絵美さん。

 そのほか、コロナ禍で店員と極力接触を避けられるセルフレジやロッカーでの注文品の受け取りなども好評だ。それ以上に、味と品質へのこだわりが信頼を勝ち取った。

「魚は産地や時期、同じ船でとれたものでも質が違う。それを見極める目を持ったバイヤーが世界中で仕入れてきた新鮮なネタを、店内で調理して最もいい状態で提供することを徹底しています」(圓尾さん)

 社長を筆頭に、魚介類について学者なみの知識を持った社員が多いと聞けば納得だ。常に新しいメニューが登場し、名店や食通とのコラボなど、新企画も絶え間ない。

スシローのこだわり&トリビアの数々

 スシローの人気を支えるのは、品質へのこだわりと高い技術力。その徹底したこだわりとトリビアの数々を見ていこう。

●約0.3秒ごとに1皿食べられるまぐろの秘密は解凍にあり

まぐろの旨さの秘密は解凍にあり

まぐろの旨さの秘密は解凍にあり

 めばちまぐろの中でも旨みの強い部位を厳選。水で表面を丁寧に洗った後、温塩水で解凍される。このひと手間がねっとりして濃厚な旨みを引き出す。

●見つけたらラッキー!レーンにしか流れない「お得なひと皿」

レーンにしか流れない「たまごの端」

レーンにしか流れない「たまごの端」

 たまごを切り分けたときの両端にしかない希少な「たまごの端」や、脂がのった「はまち腹身」、サイズが小さくネタにできなかった刺身を集めた「まぼろしの倍盛り海鮮漬け」は、タッチパネルから注文できず、レーンで流れるのみ。全て110円。

脂がのった「はまち腹身」もレーンで流れるのみ

脂がのった「はまち腹身」もレーンで流れるのみ

サイズが小さくネタにできなかった刺身を集めた「まぼろしの倍盛り海鮮漬け」もタッチパネルからでは注文できない

サイズが小さくネタにできなかった刺身を集めた「まぼろしの倍盛り海鮮漬け」もタッチパネルからでは注文できない

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。