マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

「モラハラ夫との離婚」 夫に切り出す前に突然別居するのが成功への道

2021年8月7日 7:00 女性セブン

モラハラ夫とは離婚を切り出す前に逃げるが勝ち
モラハラ夫とは離婚を切り出す前に逃げるが勝ち

 昭和の時代ではよく見られた亭主関白だが、いまの時代ではモラハラ(モラルハラスメント)となることも多い。「誰のおかげで飯が食えているんだ!」、「お前はバカなんだから黙っていろ!」──こんな言葉を日頃から夫に言われてストレスを抱えている妻は、モラハラ被害者と言えるだろう。そんな夫との離婚を考えているなら、適切な手段を取る必要がある。モラハラ離婚に必要な手順を紹介する。

【証拠を集める】肝になるのは録音よりも日記

【証拠を集める】モラハラの有力な証拠となるのが、録音と日記。日記は“その日に書いた”とわかる書き方をする
【証拠を集める】モラハラの有力な証拠となるのが、録音と日記。日記は“その日に書いた”とわかる書き方をする

 物理的な暴力であるDV(ドメスティック・バイオレンス)は傷痕などが証拠になり、傷害罪・暴行罪などで逮捕してもらえるが、“精神的な暴力”であるモラハラはそうはいかない。離婚問題に詳しい弁護士の齋藤健博さんが言う。

「“妻への教育的指導”と判断され、客観的に認められないことが多いんです」

 そもそも、離婚する場合、当事者同士の話し合いで済ませる「協議離婚」と、家庭裁判所の調停員を介して話し合いを進める「調停離婚」がある。これらの方法なら証拠は必要ない。ところが、話し合いがまとまらないと裁判となり、そうなると、証拠が必要になる。横浜心理ケアセンター代表・椎名あつ子さんが指摘する。

「モラハラ夫の多くは、離婚は世間体が悪いと思っており、妻からの離婚の申し出を受け入れず、裁判まで進むケースが多いんです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。