マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

オンライン就活で問題視されるウェブテスト“替え玉受検”の実態

2021年8月27日 16:00 マネーポストWEB

ウェブ学力検査の“替え玉受検”の実態とは?(イメージ)
ウェブ学力検査の“替え玉受検”の実態とは?(イメージ)

 コロナ禍で就職活動のオンライン化が進む中、多くの企業が採用試験の一部として課すウェブテストの“替え玉受検”が問題視されているという。株式会社アッテルが企業の採用担当者300人を対象にアンケート調査を行ったところ、「採用選考時のwebテストにおいて、なりすまし受験(替え玉受験)を課題に感じているか?」の問いに、66%が「はい」と回答している。学力に自信がない就活生の中には、友人に頼む人もいれば代行業者に依頼するケースもあるようだ。ウェブテストの替え玉受検を「考えたことがある」という人たちの言い分と、その実態を探った──。

「就活ウェブテストの替え玉受検は、最近の問題ではありませんよ。私が就活をしていた10数年前にもすでに一部の就活生の間で行われていました」

 そう実情を明かすのは、中堅私大卒で都内在住の30代男性・Aさん(メーカー勤務)だ。Aさんが就活をしていた当時は、勉強のできる知り合いに頼むか、複数人で協力して受検するというスタイルが横行していたという。

「僕はやっていませんが、いろいろと悪い噂は耳に入ってきました。感じたのは、替え玉受検をする人はゲーム感覚で『悪い』と思っていないこと。事実上、問われるのは学力より人脈でした。大学でぼっちな奴は負け、リア充が協力プレイで勝つみたいなイメージ。女子学生の中には、難関国立大の彼氏に解いてもらったと吹聴する人もいました。そうした学生たちには、『企業だって人脈やチームワークの力を求めているんだから』という言い訳の常套句がありましたね」(Aさん)

東大・京大は学生に向け代行業への加担に注意喚起

 最近の替え玉受検事情はどうなのか。有名私大卒で埼玉県在住の20代男性・Bさん(IT企業勤務)は、知り合いや友人に頼む以外に、「代行業者」の存在を挙げる。

「友人の間で話題になっていたので、どんなものなのか調べてみたことがあります。代行とはつまり、難関国立・難関私大の現役学生や院生、その出身者を名乗る人に解いてもらうことで、料金は1テストにつき個人だと数千円程度、業者だと1万から1万5000円くらいのようでした。基本的にはSNSやメール、LINEでやりとりして、IDとパスワードを渡せば終わり。支払い方法、対応するテストの種類、納期や得点調整なども業者によって異なるみたいです」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。