マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

私たち「帰宅部」でしたが何か? 「部活に入って当然」の空気との闘い

2021年9月28日 19:00 マネーポストWEB

就活で「部活は何をやってましたか?」と聞かれ…

 帰宅部に注がれる大人からの偏見やネガティブイメージに苦しんだ人もいる。IT企業で働く20代男性・Bさんは、中学は文芸部に所属し、高校は帰宅部だった。高校時代には教師やクラスメイトから、『帰宅部だから』として、ネガティブなレッテルを貼られた経験があるという。

「勉強して成績が良くても、『帰宅部で時間あるから当たり前』『部活の朝練だるいわー、帰宅部は楽で良いよな(笑)』『あいつは人付き合いが嫌いだから、帰宅部なんだよ』などと、何かと揶揄されましたね。僕が通っていた高校では、部活至上主義みたいなところもあって、部活に入っていないと肩身が狭かったです」(Bさん)

 大学ではアルバイトをしながら文化系のサークルに加入し、学生生活を謳歌したが、就活時にまたしても苦しむことになった。

「就活の時の面接で、『中高時代に何か部活に入っていましたか?』『これまでに運動経験はありますか?』と聞かれることが多くて。何か部活やサークルに所属しているのは当たり前という前提で、さらに運動部であることが重要みたいな感じでした。『高校時代、何もしていなかったのはなぜ?』と聞かれることも多くて、『特に入る理由が見つからなかった』と答えると、ものすごく何かやる気がない人も思われる。部活より本や漫画を読んだり、映画を観たりするのに忙しかっただけなんですけど……」(Bさん)

 素直に事実を話し、受かった会社が現在勤めている会社だという。Bさんは『別に部活だけが人間の全てじゃないということですよ』と冷静だ。

入った部活で嫌がらせに遭って…

 部活に所属していたが、帰宅部に“転部”した人もいる。商社で働く20代女性のCさんだ。中学時代に3年間、好きでもない運動部を継続し、高校入学時も親から『みんな部活に入ってるでしょ』と同じ部活の継続を勧められ、しぶしぶ入部したが……。

「高校の部活で先輩から嫌がらせに遭ったのをきっかけに、スパッと辞めました。帰宅部に“転部”して、学校周辺の商店街で買い食いしたり、帰宅部の友人とカラオケしたりめちゃくちゃ楽しかったです。自由度が違いましたね」(Cさん)

 大人になった今、周りの人たちと話すと、「学校に行くことは嫌ではなかったが、部活は苦痛だった」という声も意外に多く聞くという。そうした経験から、Cさんは次のように思いを語る。

「嫌な部活はやめてもいいし、別に必ず部活に入る必要はないと思う。部活を継続すれば、忍耐力がつく、達成感が味わえるという人もいるけれど、必ずしもそれが絶対だとは思いません」(Cさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。