マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

みずほ銀行に斬り込む新金融庁長官・中島淳一氏は初の理系出身トップ

2021年10月6日 15:00 週刊ポスト

前例のない対応に踏み切った金融庁の狙いは?(時事通信フォト)
前例のない対応に踏み切った金融庁の狙いは?(時事通信フォト)

 同じく東大理系(理学部数学科)の出身者として1980年に大蔵省に入省した高橋洋一氏(嘉悦大学教授)は、「5期離れているので、直接の面識はない」と前置きしたうえで、こんな見方をする。

「当時、理系の学生が採用されたのは数年に1人くらいのペースで、省内ではマイナーな存在でした。私を含め、話題作りで変わった奴を採用していただけでしょう(笑)。ただ、金融の世界は、実は理系でなければわからないことだらけ。デリバティブ(金融派生商品)や先物といった込み入った取引はもちろん、それこそシステムはコンピューターのプログラムの集合体だから、数学がわからないと理解するのは不可能ですよ」

 高橋氏の同期入省には、中島氏の3代前の金融庁長官にあたる森信親氏がいる。金融改革や地銀再編に辣腕を振るい、銀行関係者から恐れられたことで知られるが、「森氏も、最後は東大教養学部の国際関係論を卒業したから文系に区分されているが、入学したのは東大の理IIなので、実は理系なんです。複雑化する金融の問題に対応するためには理系の力は必須ということでしょう」と高橋氏は解説する。

 最終学歴として初の理系出身長官となる中島氏は、みずほ銀行のシステム問題でどう手腕を発揮するかが問われる。

※週刊ポスト2021年10月15・22日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。