マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

「0円ガラケー」で月3000円引き落とし 身に覚えのない請求のカラクリ

2021年10月20日 16:00 女性セブン

「0円ガラケー」の仕組みはどうなっている?(イメージ。Getty Images)
「0円ガラケー」の仕組みはどうなっている?(イメージ。Getty Images)

 世の中には「無料」をうたったサービスがたくさんある。かつて家電量販店にあふれていた「0円ケータイ」「1円ケータイ」はなくなったが、いまも「半年間無料」などと、やはり“無料お試し期間”をウリにしたスマホが多い。それにはワケがある。

 ファイナンシャルプランナーで家計の見直し相談センター代表の藤川太さんは、「無料期間が半年もあると、9割以上の人が解約するのを忘れて、結局料金を払っている」と話す。

 時には、詐欺まがいのケースもある。都内に住む会社員の白井賢子さん(仮名)は、数年前、大手キャリアでスマホを契約した際、「無料のガラケー」がついてきたという。

「当時の最新型のスマホは、本体代金と契約料金で月々1万円程度。販売員に“いまなら無料で旧式のガラケーをつけられます。新しい電話番号が持てて、何かと便利ですよ”と言われ、無料なら使わなくても損はないと思って契約しました。

 数年後、スマホを解約して格安SIMに乗り換えたら、スマホ代は月々3000円未満になりました。でも、クレジットカードの請求書に、解約したはずの大手キャリアから、毎月3000円以上引かれているのに気づいたんです。

 問い合わせたら、“お客さまが解約したのはスマホだけで、ガラケーの回線が残っています”と言われて……あのガラケーは、スマホを契約している間だけ無料で、解約からしばらく経つと回線料金が発生する仕組みでした。しかも、解約したスマホの“0円の請求書発行手数料”として毎月216円も引かれていました」

 白井さんは、箱から出したことすらないガラケー代と無意味な請求書代を1年近く払い続けていたのだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。