家計

年間6万円分貯める人も “ポイ活の達人”が指南する効率的に貯めるワザ

主な「ポイントサービス」の特徴や得する使い方

主な「ポイントサービス」の特徴や得する使い方

 では、初心者はどう始めればいいのか。消費生活アドバイザーの丸山晴美氏が解説する。

「まずは、4大共通ポイント(dポイント、楽天ポイント、Pontaポイント、Tポイント)の中から、自分がよく使うお店やサービスと提携している2つくらいに絞るのがいいと思います(別掲表参照)。

 また、共通ポイントはクレジットカードと密接な関係があり、TポイントならYahoo!カード、dポイントならdカードといった具合に、ポイント事業の企業が発行するカードを使うと、ポイントが倍増するなど効率よく貯められます」

 基本的にはクレジットカードの利用がポイントアップには欠かせないが、作らなくても効率よく貯める方法はある。

 ポイントカードは提携するコンビニやスーパーなどで配布しているので、まずはポイントカードを入手するか、スマホにアプリを入れる。

「ポイントの付与がアップする日や時間があり、楽天市場は楽天イーグルスやヴィッセル神戸が勝利した翌日はポイント2倍、ローソンでは16時~23時59分まではdポイントかPontaポイントが2倍に。その期間に買い物をしましょう」(前出・青葉氏)

 また、NTTドコモの長年のユーザーなら、電話の利用料に対して自動的にdポイントが貯まっている可能性がある。ポイントを利用するには、ドコモショップなどで「dポイントクラブ」に入会する必要があるが、数万円分が貯まったまま「休眠」している人も少なくないので確認したい。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。