キャリア

50才時に子供が高校進学するシングルマザー 貯金ゼロなら教育費どうするか

50代で高校生になる子供の教育費をどうまかなう?(イメージ)

50代で高校生になる子供の教育費をどうまかなう?(イメージ)

 2019年の厚生労働省の調査によると、50代の2人以上世帯の平均所得金額は756万円あるものの、21.8%が貯蓄ゼロだという。教育費・介護費・家のローンなどが一気に振りかかる50代の大支出期に、どう立ち向かうべきか。専門家に対策を聞いた。

「私自身、50才で貯金ゼロはあり得ると考えています」と打ち明けてくれたのは、シングルマザーの節約アドバイザー・丸山晴美さん(以下「」内同)だ。

「私が50才のとき、子供は中学3年生。高校進学を控えた年です。大学進学も視野に入れると、50才からの7年間は、塾代や受験費用、進学資金などで、もっとも教育費がかかるときです。貯金をするどころか、これまでの貯金が底を突く可能性もあります」

 丸山さんが50才の時点で、子供は高校進学を迎える。貯金がゼロだったら、教育費はどうまかなうか。

「年収910万円未満の所得制限(*両親・高校生・中学生の4人家族で、両親の一方が働いているモデル世帯の場合)がありますが、返済不要の高等学校等就学支援金を利用できれば、年収によって公立は年額11万8800円まで、私立は最大で年額39万6000円まで授業料が免除され、公立ならば授業料が実質無償になります。できれば子供には公立に行ってもらい、この制度を活用したいですね。

年収によっては高等教育の無償化も活用を

年収によっては高等教育の無償化も活用を

 大学に進学するとしても、初年度は私が払いますが、あとの3年間はなるべく奨学金を活用してもらいたいです。ただ、高等学校等就学支援金も奨学金も、支給されるのは入学後。仮に高校入学時に10万~20万円、大学入学時に30万円程度を用意するとしても、50才から少なくとも年50万円を貯金していれば、支払える金額だと思います」

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。