マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

50代で貯金ゼロ… まず考えるべきは「年金をいかに増やすか」

2021年12月13日 16:00 女性セブン

年金を増やす働き方を考える(イメージ)
年金を増やす働き方を考える(イメージ)

 2019年の厚労省・金融広報中央委員会の調査によれば、世帯主が50代の2人以上世帯のうち、21.8%が貯蓄ゼロだという。そんな、老後に不安が残るような状況にもし陥ったらどうすればいいか。社会保険労務士でファイナンシャルプランナーの井戸美枝さんのアドバイスを参考にしたい。

まずいくら年金がもらえるか確認を

 現在63才の井戸さんは、子供が独立し、夫婦2人暮らし。リタイア生活まで間もない年代だが、50才の時点で貯金がゼロだったらどうしていたか。

「まずは、将来に公的年金がいくらもらえるかを確認します。具体的には、年に一度、誕生月に届く『ねんきん定期便』の『老齢年金の種類と見込額(年額)』の欄を見ます。ただ、私のような自営業者や専業主婦の場合、受給額は少ない。たとえば国民年金の場合、老齢基礎年金の2021年度の支給額は、満額でも月額約6万5000円。これだけでは生活できません。私の場合、夫の年金もありますが、夫が先に亡くなることも考え、年金をいかに増やすかを考えますね」(井戸さん・以下同)

年金を増やす働き方をする

「私は自営業者ですからできる限りは働き続け、その上で、『iDeCo』などで積み立て投資をします」

 もし自分がパートの場合、厚生年金に加入できる働き方を選ぶという。厚生年金は70才まで加入できるので、長く働くことで年金を増やせるからだ。

「さらに、医療保険など、“もしかしたら要るかもしれない”というものには、お金を払いません。とにかく、仕事をして収入と年金を増やし、支出を抑える努力をします。貯金の有無にかかわらず、できるだけ長く仕事をして、人や社会とかかわり続けた方が、精神的にも健康的にもプラスになり、楽しく長生きできるはずです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。