住まい・不動産

専門家が教える不動産広告の読み方 所要時間、DK・LDKの記載ルールは?

中古マンションの不動産広告はどの項目をチェックすべきか?

中古マンションの不動産広告はどの項目をチェックすべきか?

 不動産の広告やチラシには小さな文字がギッシリ並んでいるが、重要なポイントはどこにあるのだろうか。

 つい物件の宣伝文に目がいくが、「その下に羅列される物件の概要こそが、とても重要な情報です」と言うのは、首都圏不動産公正取引協議会の齊藤芳恵さんだ。

 不動産広告は、「不動産の表示に関する公正競争規約」に基づき、表示のルールが決められているが、齊藤さんによると、物件広告を見る際に最低限知っておくべきポイントは別掲図の8つ(それぞれの解説も参照を)。

「重要なのは【6】の間取り。補足として、建築基準法で居室と認められない部屋を、広告では『納戸』と表示する義務がありますが、その旨を明記すれば『サービスルーム』としてもOK。しかし、本来『2LDK+納戸』の部屋を『3LDK』と表示する広告もあり、要注意です」(齊藤さん)

 また、昨今主流のインターネット広告では、契約済みの物件を継続して載せる“おとり広告”のトラブルも発生している。広告をうのみにせずに、必ず内見をすることが重要となるだろう。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。