ビジネス

最新“日本の長者番付”トップ100 1位・孫氏4.9兆円、2位・柳井氏2.4兆円

2022年版「長者番付」ランキング(トップ11~25)

2022年版「長者番付」ランキング(トップ11~25)

「社長室なんていらない」

 ランキング上位に名を連ねるのは、日本を代表する経営者の面々だ。保有金額4.9兆円で堂々のトップに輝くのは、ソフトバンクグループ社長・孫正義氏。2.4兆円で2位につけたのは、ファーストリテイリング社長・柳井正氏だった。

 3位はセンサーメーカーのキーエンス名誉会長・滝崎武光氏。孫・柳井の両氏に比べてメディアへの露出が少なく、謎めいた存在だ。

「利益率が5割超という驚異の会社を創業した敏腕経営者でありながら、表舞台には一切出てこない。10年以上前から米『フォーブス』誌の世界長者番付にも登場しているが、滝崎氏の肉声を聞いたことがある人はほとんどいません」(関氏)

 4位の日本電産会長・永守重信氏や9位の楽天グループ社長・三木谷浩史氏、21位のABCマート元会長・三木正浩氏らは有名企業の創業者で、自ら興した会社の急成長で資産を大きくしたことがわかる。

 ちなみに三木谷家からは、米ボストン大学修士号を持つ才媛の妻・晴子氏も16位にランクイン。その他にも上位には有名経営者の妻の名前が見られた。そんな財界の重鎮らが並ぶなか、“新鋭”の名前も散見される。

 8位のメルカリ社長・山田進太郎氏は44歳にして、トップ10入り。ネットで個人同士が物品を売買するサービスを提供するメルカリの創業者で、早大在学中に楽天でインターンをした経験を持つ。

 IT企業創業者ながら、内向的な一面もあるようだ。山田社長を取材した経験を持つフリー編集者の漆原直行氏が指摘する。

「中高生の頃は一人でゲームをして、ヘビメタを聴くのが好きなインドア少年だった。読書も大好きで、村上春樹や村上龍の小説や、歴史書や哲学書を好んで読んだ。とくにニーチェに衝撃を受けたそうです」

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。