ライフ

コロナ禍で大ブームの「懸賞」 三賢人が教える楽しみ方とこだわり

SNS経由の「懸賞」も増えている(イメージ)

SNS経由の「懸賞」も増えている(イメージ)

 コロナ禍で始めた新たな趣味の第1位は「懸賞応募」(B&G財団のアンケート、2560人回答)だという。このブームを受け、懸賞界はいま、かつてないほどアツい。そこで、高額賞品を爆当て中の“三賢人”から、懸賞に当たるための金言をゲットした。

 コロナ禍のステイホームで確実に増えたという、懸賞人口。懸賞三賢人の1人・ぴろりさんも、空前の懸賞ブームを感じているという。

「懸賞・キャンペーンを実施する主催者が急増したんです。特に、TwitterやInstagramなどのSNS懸賞は爆発的に増えました。はがき、ホームページ、SNSなど応募方法も増えたので、懸賞人口が増えたのだと思います。でも大丈夫です、ライバルは増えましたが、それ以上にキャンペーンが多いので、当たりづらいということはないと思いますよ(笑い)」(ぴろりさん)

 のっけからうれしいお言葉! 34年以上も懸賞を当て続けてきたガバちゃんも「年明けこそ懸賞が増える、幸先のいいシーズン」だと話す。

「年末年始は一年で最も懸賞が多いんです。個人的には、雑誌の合併号や新聞系のお正月期間の懸賞が狙い目。まだお正月の新聞が家にあるようなら、チェックしてみてください」(ガバちゃん)

 毎日当選賞品が自宅に届くという爆当て記録更新中のわこさんは、「最近は賞品のバリエーションも増えてきているので選ぶのが楽しい」と顔をほころばせる。

「コロナ禍前は旅行券や宿泊券などが多かったんですが、緊急事態宣言あたりから、ホットプレートやいいお肉など、ステイホームが充実するための賞品にガラリと変わりました。そして最近は感染者数が落ち着いたこともあって、旅行やイベント系が出てきましたし、カタログなど、当選者が賞品を選べるものも増えてきています」(わこさん)

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。