マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

虐待疑惑を通報したいが「事実無根なら訴える」と反論 どうすべきか弁護士解説

2022年1月29日 11:00 週刊ポスト

 児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者には、法令に基づく通告義務があるのですから、通告しても、国民の義務を果たしたことになり、民事や刑事でも、責任を問われることはありません。

 実際は、子供の泣き癖や躾であったりした場合に、仮に通告された両親が名誉毀損などの訴えを起こしたとしても、賠償を命じられることはないのです。

 また、児童虐待防止法では、通告を受けた職員は「通告をした者を特定させるものを漏らしてはならない」と定めてもいます。

 通告は、職務上必要な範囲にしか伝わりません。奥さんが通告したことはわからないはず。心配しなくても、よいと思います。

【プロフィール】
竹下正己(たけした・まさみ)/1946年大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年弁護士登録。

※週刊ポスト2022年2月4日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。