マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

虐待疑惑を通報したいが「事実無根なら訴える」と反論 どうすべきか弁護士解説

2022年1月29日 11:00 週刊ポスト

虐待疑惑を通報して、逆に訴えられるケースはあるのか?(イメージ)
虐待疑惑を通報して、逆に訴えられるケースはあるのか?(イメージ)

「もしかしたら虐待かも」――子供の泣き声や親の怒鳴り声が頻繁に聞こえたら、そう考えてしまう人も少なくないだろう。しかし、児童相談所などへ報告したものの、虐待の事実が証明されなかったなら、通報者に何らかの責任が生じる可能性はあるのだろうか。弁護士の竹下正己氏が実際の相談に回答する形で解説する。

【相談】
 近所で子供の泣き叫ぶ声が聞こえます。妻が先日、その家の両親に虐待を行なっているのではないか、と訊ねたところ、「役所にでも通報すればいい。でも、虐待の事実がなかったら、あなたを名誉毀損で訴える」といわれたそうです。通報した結果、虐待が確認されなかった場合、妻は訴えられてしまいますか。

【回答】
 児童虐待は、大きな社会問題です。なので、児童を虐待から守る2つの法律が国民に通告義務を課しているのです。まず、児童福祉法では、保護者に監護させることが不適当であると認められる児童を「要保護児童」と定義し、要保護児童を発見した者に、児童相談所への通告義務を課しています。

 次に、虐待から児童を守る児童虐待防止法は、児童の身体に外傷を生じさせる暴行を加えることや猥褻行為、児童に食事を与えない、児童に対して著しい暴言を吐くなどを虐待と定義し、児童虐待を受けた児童を発見した者に、福祉事務所や児童相談所への通告を義務付けています。さらに、この法律では、現実に虐待を受けた児童だけでなく、「児童虐待を受けたと思われる児童」の場合でも、通告の対象になる、としています。

 頻繁に、狂ったように泣き叫ぶ声が聞こえることから、児童虐待を疑うのは、不合理ではありません。心配した奥さんに対し、その子の両親が泣き声の納得できる原因を説明せず、怒るだけだったとすれば、虐待を受けているのではないか、と思うのは仕方ないこと。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。