マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

権利意識に敏感な団塊世代が後期高齢者に 患者の要求高く医療逼迫に拍車も

2022年2月25日 7:00 週刊ポスト

 高齢化に伴い、がんや高血圧、脳卒中、糖尿病などの患者が増えているが、その傾向にも拍車がかかりそうだ。厚労省の「患者調査」をもとにした疾病構造推計によると、2025年に短期入院患者数は1.7倍(2010年比)、慢性期入院患者数は2.5倍(同)に膨れ上がるとされる。

 医療の逼迫が確実視されるなか、国は「病院から自宅へ」の号令をかけているが、病院で生涯を終える患者は全体の約8割を超える現実がある。岩間院長は、こうした状況がこれから大きく変わる可能性があると見る。

「今後は、病院の人手不足のために入院できず、医療依存度の高い高齢者が自宅や施設に押し出されることになります。病院では、認知症などで意思疎通が難しい患者さんは十分な治療を受けられない可能性があります。そうなると、しわ寄せは介護職員に向かってくる。すると今度は、『医療依存度の高い人は入居させない』という介護施設が増えると予想されます」

 やがて、「医療依存度は高いが在宅で生活せざるを得ない人」が多数生じるという。岩間院長が続ける。

「2025年以降、病院や施設などの受け入れ先がない患者が増えるはずですが、今度はそうした在宅の患者に対応できる訪問医や看護師が足りない、という問題に直面します。医療と介護でお互いにしわ寄せが向かい、それぞれの事情でマンパワー不足が生じるのです」

 病院で死ねない時代が近付いている。

※週刊ポスト2022年3月4日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。