マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

コンビニ、100均、業務用スーパー「得する買い方」「損する買い方」

2022年3月7日 15:00 女性セブン

「貯まる人の買い物メモ」はこうつくる!
「貯まる人の買い物メモ」はこうつくる!

 安売りのときにまとめ買いするのも、必ずしも節約にはつながらない。たとえ底値であっても、在庫が多いと気が大きくなって消費量が増え、結果的に出費も増えるからだ。

「特に、お酒やたばこ、お菓子などの嗜好品は、依存も加速させます。買いだめすれば置き場所にも家賃がかかると考え、ストックはせいぜい1~2個に抑えましょう」

100円ショップや業務用スーパーで買うべきもの

 いまだに多いのは「コンビニは高い」という勘違いだ。もちろん、同じ商品でもスーパーの方が安いことはあるが、コンビニ各社のプライベートブランドはいまや「安かろう、よかろう」だ。

「セブン-イレブンの『セブンプレミアム』やファミリーマートの『ファミマル』などの商品は、国内の大手メーカーが手掛けており、安くて高品質。特に最近は冷凍食品の質が向上しており、スーパーで売っている有名メーカーのものにも引けを取りません。ついで買いには気をつけるべきですが、“調味料が切れた”“何か1品おかずが欲しい”くらいなら、コンビニで充分」(丸山さん)

 例えば、セブンプレミアムの商品は、国内大手メーカーのコンペで決まる。商品ごとに、ロッテや森永、日清食品、紀文、マルハニチロなど、名だたる企業が試作した中から、選び抜かれて店頭に並ぶのだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。