マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

コンビニ、100均、業務用スーパー「得する買い方」「損する買い方」

2022年3月7日 15:00 女性セブン

 一方、節約には欠かせないと思われてきた100円均一や業務用スーパーなどは、使い方によっては損になることも。

「100均で目を引く、冷蔵庫用カーテンや電源タップなどの節約グッズは、品質が悪くすぐに使えなくなったり、節約効果がほとんどないものも少なくない。また、業務用スーパーで売られている大容量の冷凍食品も、口に合わなければ食べきれず、冷凍庫で場所を取り続けるだけです。

 100均では、使い勝手がよく壊れても惜しくないお弁当グッズや文具、業務スーパーでは乳製品や国内メーカーの食パン、納豆、きのこ類などなら、品質もコスパもいい。ブームが続いているオートミールも、実は業務用スーパーから人気に火がついたといわれています」(丸山さん)

※女性セブン2022年3月17日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。