マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

本気で節約したいなら変動費より固定費を!手続きは面倒でも効果絶大

2022年3月10日 16:00 女性セブン

節約しようと思うなら、まずは通信費、光熱費、保険など、毎月かかる固定費の見直しから(Getty Images)
節約しようと思うなら、まずは通信費、光熱費、保険など、毎月かかる固定費の見直しから(Getty Images)

「今年こそはお金を貯める!」そう誓って、はや3か月。日々節約に励んでいるのに、月末にはカツカツの生活を繰り返してしまう──もしそんな悩みを抱えているなら、節約の方法を間違えているかもしれない。ムダな頑張りをやめて正しく節約するには、どこを見直せば良いのだろうか。

 節約ベタな人が陥りやすい間違いの1つが、変動費ばかり削ろうとすること。食費や日用品費をいくらチマチマとやりくりしても、大きな節約にはなかなかつながらない。本気で節約するなら、やはり毎月の固定費からだ。家計再生コンサルタントの横山光昭さんが話す。

「日々の小さな節約は“やっている感”はありますが、効果が薄い。一方、固定費の見直しは手続きなどは面倒でも、一度見直せば大きな効果がずっと続くので、一日も早く取り組むべきです。

 固定費削減の第一歩はスマホ料金です。例えば、いまdocomoを使っているなら、格安スマホのOCNモバイルONEや格安料金プランのahamoに変えるなど、本体を変更せずに、窓口ですぐに手続きできます」

 次に見直すべきは電気代とガス代。スマホの電波と違って、電気に品質の差はないので、「エネチェンジ」などの料金比較サイトを使って地域や家族構成別のシミュレーションを確認し、電話一本で安い電力会社に乗り換えられる。年度末のいまの時期は、新規乗り換え割引などを掲げている電力会社が多いので、乗り換えチャンスを逃す手はない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。