マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

飲食店の原価率は30%が基本ライン、高額メニューの方がお得なことも

2022年3月30日 16:00 女性セブン

 さらに、劇的に値上がりするのが海鮮。うに、イクラ、かに、ノルウェー産サーモンはロシア・ウクライナの情勢で入手しづらくなり、価格が高騰する見込み。

「国産のうには北海道で夏にとれるくらいですから、手が出せない価格になることが予想されます」

 うにやイクラなどは、多少高くてもいまのうちに食べておくのがおすすめだ。

コスパがいいのはどっち?

 一般的にコスパがいいのはどちらか? 身近な外食メニューを比較してみよう。

【和定食×洋定食】

和定食×洋定食:「オムライスやパスタなど炭水化物が多い洋食は原材料費が安め。一方の和食は食材を無駄なく使うため、材料のロスが少なくコスパがいいといえます」(経営コンサルタント・大久保一彦さん)
和定食×洋定食:「オムライスやパスタなど炭水化物が多い洋食は原材料費が安め。一方の和食は食材を無駄なく使うため、材料のロスが少なくコスパがいいといえます」(経営コンサルタント・大久保一彦さん)

「オムライスやパスタなど炭水化物が多い洋食は原材料費が安め。一方の和食は食材を無駄なく使うため、材料のロスが少なくコスパがいいといえます」(経営コンサルタント・大久保一彦さん)

【テイクアウト×イートイン】

テイクアウト×イートイン:「イートインは、配膳などの人件費がかかります。テイクアウトは人件費を抑えられる分、材料・原材料費にかけられる。つまりテイクアウトの方がコスパはいいといえます」(はんつ遠藤さん)
テイクアウト×イートイン:「イートインは、配膳などの人件費がかかります。テイクアウトは人件費を抑えられる分、材料・原材料費にかけられる。つまりテイクアウトの方がコスパはいいといえます」(はんつ遠藤さん)

「イートインは、配膳などの人件費がかかります。テイクアウトは人件費を抑えられる分、材料・原材料費にかけられる。つまりテイクアウトの方がコスパはいいといえます」(はんつ遠藤さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。