マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

ウクライナ侵攻に伴う原油高騰は一段落か 政策次第で金や原油価格の大幅下落も

2022年4月17日 16:00 女性セブン

コロナ禍やロシアのウクライナ侵攻で金価格は上がった(イメージ)
コロナ禍やロシアのウクライナ侵攻で金価格は上がった(イメージ)

 また、いまの世界情勢では、どうしても軍事・防衛に注目が集まる。

「兵器や軍備強化、サイバー攻撃に備えるセキュリティーなどを担う企業は、株価が上がっています。ただし、こうした銘柄は上昇するのが早い半面、急落もしやすいため、注意が必要です」(岡山さん)

 戦争が原因の株価の上昇は一時的なもので、本質的な投資対象にはならない。そもそも、兵器をつくる会社に投資するのは気が引ける人もいるだろう。それなら、ビットコインやイーサリアムといった、近年市民権を得てきた暗号資産(仮想通貨)のほか、“現物”を資産として持っておくという選択肢もある。個人投資家で、『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』などの著者・遠藤洋さんが説明する。

「原油や金などの『先物取引』はレバレッジ(借入金)がかかり、身の丈以上のお金を失いかねないため、初心者のうちはリスクが大きい。それよりも、ロレックスなどの高級腕時計、高級ウイスキーやワイン、絵画などは値崩れしにくい。希少価値の高いトレーディングカードが1枚数千万円で取引されることもあります」

 有事の資産運用のセオリーは、平時とは大きく異なる点もあるようだ。

※女性セブン2022年4月28日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。