マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

米ドルへの過信は禁物 ロシアへの経済制裁を引き金とする「ドル暴落」シナリオも

2022年4月19日 6:00 女性セブン

いまさら聞けない「円安・ドル高」とは?
いまさら聞けない「円安・ドル高」とは?

 ただし、ドルも最強ではない。カブ知恵代表の藤井英敏さんはこのウクライナ侵攻による影響で、ドルの価値が日本円と同じように下がる可能性を示唆する。

「アメリカは今回、ロシアへの経済制裁として、現在の世界の主流であるドル決済の枠組みから外すことを検討しています。ですが、それを引き金に、ロシアを中心に、インドや中国、中東諸国が人民元やインドルピーなどを、ドルに代わる新たな決済通貨とする可能性もある。新たな経済圏ができ、ドルの価値が暴落する恐れがあります」

 今後、世界経済が欧米の西側諸国と、ロシア、中国、インドを中心とした経済圏に分かれるようなら、資産の分散が必要かもしれない。

「インド株や中国株に連動するETFを持っておくのもひとつの手。また、インド企業に投資している企業や、インドで事業展開している企業なども検討の余地はあります」(藤井さん)

※女性セブン2022年4月28日号

「FX」関連記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。