マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

人生120年時代の住宅事情 80代で「自宅が寿命、賃貸にも入れない」問題

2022年4月29日 15:00 週刊ポスト

自宅の“寿命”も一緒に延びるとは限らない(イメージ)
自宅の“寿命”も一緒に延びるとは限らない(イメージ)

 健康に長生き出来れば、こんな幸せなことはない──誰もが信じてきた常識が崩れ去りつつある。医療進歩により、人生100年時代はおろか、人生120年時代の到来を予測する専門家も登場しているが、そこに待つのは幸せな未来とは限らない。仕事、年金、医療……悩みのタネは尽きないが、「住宅」も大きな問題だ。

 自分が長く生きれば、当然ながら身の回りにあるモノも“老いて”くる。人生120年時代になることで多くの人が直面すると予想されるのが、「住宅」の老朽化問題だ。すでに、亡くなった親から相続したものの誰も住まずに朽ちていく「実家の処分」問題が各地で起きているが、今後は自身が住む家が老朽化して、「住み替え」が必要となるケースも想定される。

 不動産コンサルタントの長嶋修氏は「80~90歳になる頃に、自宅の寿命が来ることが多いと考えられる」と指摘する。

「一般的にマイホームを購入する平均年齢は36~37歳と言われています。もちろん住宅の寿命は物件によって大きく変わりますが、平均的なところでは50年程度と想定され、現在の平均寿命で考えれば自身が死ぬ頃にマイホームも寿命を迎えることになる。

 現在60歳以上の人の持ち家率は80%を超えており、住み続けるために新築後20~25年くらいで床や壁、天井をリフォームしている現状を踏まえると、人生120年時代にはさらに多くのリフォームが必要となります」

 その際には、外観や内装の“表面的”なリフォームでは済まないという。

「築20~25年の家をあと数十年もたせようと考えたら、耐震性を増すための工事や床下のシロアリ対策が必要です。内部も壁紙やキッチン設備を新品に入れ替えるだけでなく、もっと“根本的な部分”を見直さなければもたないでしょう」(長嶋氏)

「不動産」関連記事

【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。