マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

ドコモショップ削減にシニア世代の子供たちもショック「有料でも維持してほしい」

2022年5月31日 15:00 マネーポストWEB

ドコモショップの削減方針にショックが広がる(時事通信フォト)
ドコモショップの削減方針にショックが広がる(時事通信フォト)

 NTTドコモは2025年度までに、販売店「ドコモショップ」の約3割を閉鎖する方針であることが明らかになった。閉鎖を予定する店舗は、全国のドコモショップ約2300店のうち約700店にあたる。スマートフォンの契約手続きはオンラインでもできるようになり、オンライン専用プラン「ahamo」の利用者も増えていることも、今回の店舗削減の背景にあるだろう。

 たしかにオンライン手続きは、スマホを使いこなせる人には、店舗に行く必要がなく便利なサービスだが、スマホやネットの操作が苦手な高齢者にはハードルも高く、実店舗で店員に説明を求めるケースも少なくない。これまで「スマホでわからないことがあったらドコモショップに行っていた」というシニア世代が、残った7割の店舗に押し寄せる可能性もあるだろう。そうしたなかで、高齢の親を持つ子供たちからも悲鳴があがっている。

“安心”のためのドコモだったのに

 メーカーに勤務する40代女性・Aさんは、「格安スマホがいっぱいある中で、親子ともども高い月額料金を払ってドコモと契約しているのは、“安心”を買っていたからなのに……」と動揺している。近所のドコモショップが閉店にならないか不安だという。

「スマホデビューしたばかりで、ネットにも不慣れな親でも、ドコモショップに飛び込めば何かあったときに対応してもらえるという安心感がありました。もし、近所の店舗が閉鎖されたら、私にいちいち使い方とかを聞いてくるのは目に見えている。親はこちらが仕事中だろうがなんだろうが電話をかけてくるので、たちが悪いんですよね……。スマホを持たせたこと自体が失敗だったかなとも思ってしまいます」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。