マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

脱毛への意識の芽生えが低年齢化 費用捻出のため夜のバイトを始める女子学生も

2022年6月11日 16:00 マネーポストWEB

脱毛ローン返済のために夜のバイトを始める大学生も(イメージ)
脱毛ローン返済のために夜のバイトを始める大学生も(イメージ)

脱毛ローン返済のためにラウンジでバイト

 都内の大学に通うBさん(女性・20歳)は、脱毛のローン返済のためにラウンジで働き始めたという。

「駅前の商業施設に入っているアパレルや、地元の書店など色々な店でバイトしてきましたが、大学に行きながらアルバイトをすると月7万~8万円くらいの収入がやっとでした。そうした中で、『SNSの投稿を見て興味を惹かれた』という友達と一緒に脱毛の契約をして、12回払いでローンを組んだのですが、どう計算しても絶対に払えない。

 結局、別の友達の紹介で都内のラウンジで働き始めました。ラウンジなら人によっては時給4000~6000円くらい稼げたりすると聞いたので、これなら完済できるなと思いました。実際に働き始めて、店の女の子たちの話を聞くと、『医療脱毛を一括で払うために働いているよ』とか『サブスクのエステサロンに通うためのお金づくり』という子もいました」(Bさん)

「サブスクのエステサロン」とは、月々の定額料金を払うと、何度でも脱毛や痩身エステ、美肌エステなどの施術が受けられるサロンのことだ。Bさんはラウンジで働き始めてから、ますます美容への意識が高まったと続ける。

「お店では背中とか太ももが出るワンピースやドレスを着ることもあるので、『背中のムダ毛を無くしたい』という気持ちがもっと強まりました。お店の子たちと話すとモチベ(美容へのやる気)が高まって、色々とやりたくなってしまうんです。夜のバイトと大学の掛け持ちは大変ですが、脱毛は私にとって必要なことなので、間違った選択だとは思っていません」(Bさん)

提示された格安価格だけでは終わらない?

 複数の脱毛エステでの勤務経験があるCさん(40代・女性)が、脱毛広告を見てやって来る利用者の内情を明かしてくれた。

「インスタ経由で知ったという学生さんは増えていますね。そこで提示された“超格安プラン”目当ての人も少なくありません。大学生になったばかりで、おしゃれに目覚めた女子学生や、美容意識が高まっている男子学生は、こうしたインフルエンサーマーケティングの格好のターゲットなんです。SNSのインフルエンサーは、芸能人よりも身近な存在なので、その影響力は大きいです」(Cさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。