マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

泉ピン子さん“賞状やトロフィー”を続々処分「橋田壽賀子さんにも生前に伝えました」

2022年6月16日 6:00 週刊ポスト

泉ピン子さんは「思い出の品」をどう処分しているのか?
泉ピン子さんは「思い出の品」をどう処分しているのか?

 終活の一環として始めたい、身の回りの整理。愛着あるモノの処分は後ろ髪が引かれるものだが、後回しにはできない。消費生活アドバイザーの丸山晴美氏はこう言う。

「“もったいない”から捨てられない気持ちは分かります。一気に捨てるのではなく、今の生活から遠いモノを見つけて処分するといいでしょう」

 丸山氏が「捨てないことで問題が生じることがある」と指摘するのは、意外にも大きい鍋。

「1人か2人の高齢者世帯ではそもそも大きい鍋で料理することはありませんし、逆に落とした時に骨折のリスクがある。そうした事故が非常に多い印象です」(丸山氏)

 また、健康のことを考えて捨てるべきなのが、家にある古い薬だという。実家片づけ整理協会代表の渡部亜矢氏が言う。

「飲み残しの処方薬をとっておくケースがよくあります。間違って飲んでしまうリスクを避けるために、今飲んでいる薬以外は捨てましょう。開封して乾いた湿布、目薬などもいったん処分するのがいいでしょう」

 手紙もまた、捨てられないモノのひとつだろう。

「銀行からの通知など重要に見える封筒でも、大抵は1年以上が過ぎればいらなくなります。封筒がたくさんあるままだと本当に大事な書類を見逃すことになってしまう。昔の大事な手紙も、死後、妻や子供に見られて困る類のものは処分すべきでしょう」(渡部氏)

 また、自動車も税金や駐車場代、ガソリン代などの維持費の面から手放すメリットが大きい場合がある。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。