マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

中高年になって取りたい資格 介護業界は資格取得で給与・待遇が一変する例も

2022年7月23日 15:00 女性セブン

介護福祉士の資格取得で待遇が大きく変わったという人も(イメージ。Getty Images)
介護福祉士の資格取得で待遇が大きく変わったという人も(イメージ。Getty Images)

 人生100年、定年を迎えた後も働き続ける時代を迎えた。いくつになっても働きたいと考えたとしても、50代からの就職は簡単ではない。中高年になっても稼げるようになるためにはやはり、資格取得が近道かもしれない。

 保育士やカウンセラーのように、教育や医療系分野の資格は根強い人気だ。とはいえ、資格の種類は多岐にわたる。キャリアアドバイザーの藤井佐和子さんによれば、今後特に需要が増えそうな資格は、IT系、ペット系、介護系だ。

「ExcelやAccessといった一般的なソフトの基礎知識を測る『基本情報技術者試験』や『RPA技術者検定』に合格していると、IT系全般の就職に役立ちます。RPAとは、ロボットを使ってこれまで人が行ってきた単純作業の自動化を推進する技術のこと。資格取得サポートのある派遣会社もあります」(藤井さん)

 現在800以上の資格を持つ、資格・勉強コンサルタントの鈴木秀明さんが推奨するのは、現在急速に注目度が上がっている「ディープラーニングG検定」だ。

「AI(人工知能)の基礎知識を問う、登竜門的な資格です。中高年になるとIT関係の資格は食わず嫌いしがちですが、同世代の取得者が少ないからこそねらい目ともいえる。勉強すれば年齢は関係ありません。実際に、プログラミングを学んでアプリをつくって大儲けした中高年の主婦や、ドローンの操作や理論を学ぶ民間資格を取り、ドローンで撮影した映像を使ってユーチューバーとして成功している人もいます」(鈴木さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。