マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

コンビニの「大盛冷やしそば」はどこまで大盛か? セブンとローソンを実食比較しコスパ検証

2022年7月24日 15:00 マネーポストWEB

左からセブン-イレブン『麺大盛冷したぬきそば』、ローソン『大盛 ぶっかけそば』
左からセブン-イレブン『麺大盛冷したぬきそば』、ローソン『大盛 ぶっかけそば』

 暑い夏、コンビニエンスストアでは冷やし麺のラインナップが充実する。コンビニ事情に詳しいライターの小浦大生氏はこう話す。

「冷やし麺というと、ボリューム感よりも食べやすさに焦点が当てた商品が多いのですが、最近ではコンビニでもボリューム感のある冷やし麺が人気です。たとえば、セブン-イレブンの『麺大盛冷したぬきそば』やローソンの『大盛 ぶっかけそば』といったように、商品名に“大盛”という言葉が入っている商品も販売中です」

 そこで、マネーポストWEBのコンビニグルメ担当記者Aが、セブン-イレブンの『麺大盛冷したぬきそば』とローソンの『大盛 ぶっかけそば』を実食。はたしてどこまで大盛なのか? そのボリューム感にスポットを当てて比較する。

ボリューミーなセブン-イレブンの冷やしたぬき

セブン-イレブン『麺大盛冷したぬきそば』。442円
セブン-イレブン『麺大盛冷したぬきそば』。442円

 まずは、セブン-イレブンの『麺大盛冷したぬきそば』から実食した。価格は税込みで442円。カロリーは601kcalとなっている。麺の重さを実測したところ、313gだった。具材は、てんかす、小さくカットされた油揚げ、刻みネギ、わさび。麺、つゆ、具材を合わせた重要は462gだった。

セブン-イレブン『麺大盛冷したぬきそば』。天かす、油揚げ、刻みネギがトッピング
セブン-イレブン『麺大盛冷したぬきそば』。天かす、油揚げ、刻みネギがトッピング

「さすが“麺大盛”と謳っているだけあって、見た目からしてボリューミーです。つゆをめんにぶっかけて、具材と一緒に混ぜるタイプですが、麺がかなり多いため、つゆを全体に絡ませるのも一苦労です。

 つゆはあっさりとした味。大盛の麺を食べるには、薄味くらいが飽きずに済むので丁度いいかもしれません。そのなかで、甘く味付けされた油揚げが、なかなかの存在感を発揮しています。たくさんの麺を食べるにあたって、具材の味による変化が楽しめるのはありがたいです」(記者A)

セブン-イレブン『麺大盛冷したぬきそば』。つゆをかけて混ぜたあとの状態。つゆは少なめ
セブン-イレブン『麺大盛冷したぬきそば』。つゆをかけて混ぜたあとの状態。つゆは少なめ

 全体的に麺に対するつゆの量が少なめに感じたという。

「天かすがつゆを吸ってしまうので、余計に水分が奪われてしまうということもあるんですが、この1.5倍くらいのつゆがあれば、麺全体をしっかりつゆにつけて食べられると思います。コンビニの冷たいそばは、どうしても麺が固まりがちなので、ちょっと食べにくい時はありますね」

セブン-イレブン『麺大盛冷したぬきそば』
価格:442円
カロリー:601kcal
麺の重量:313g
具材:天かす、小さくカットされた油揚げ、刻みネギ、わさび
麺、つゆ、具材を合わせた重要:462g
麺1gあたりの価格:1.41円

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。