マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

「アンナミラーズ」国内最後の店舗閉店へ 特徴的な制服に日本ならではのアレンジも

2022年7月28日 6:00 週刊ポスト

「アンナミラーズ」の制服、米国版と日本版はどこが違う?
「アンナミラーズ」の制服、米国版と日本版はどこが違う?(撮影/内海裕之)

 アメリカンパイと制服で1970~1990年代にかけて一世を風靡したレストラン「アンナミラーズ」の国内最後の店舗・高輪店が、品川駅周辺の再開発に伴う移転要請を受け8月31日をもって閉店する。

 肉まんやあずきバーで知られる井村屋が米国のアンナミラーズ社とライセンス契約し、1973年6月に東京・青山に1号店を開店(1990年、井村屋は日本での商標権を取得)。本国の制服、味、サービスを踏襲した世界観は創業時から変わらず、世代を超えて“アンミラ”の愛称で親しまれてきた。

 約50年間の間に計26店舗を展開し、白いブラウスにカラフルなエプロンとミニスカートを組み合わせた制服は、絶大な人気を誇った。制服に憧れ、アルバイトをしたという芸能人も多い。

 日本でのアンナミラーズの立ち上げから15店舗目の出店までを担当した、井村屋グループ会長の浅田剛夫氏が振り返る。

「日本での開業にあたり、店舗設計をはじめ、ユニフォーム、食器、メニューなどを一級建築士の今竹翠先生にデザインしてもらいました。

 ウエイトレスのユニフォームは基本的には本国と同じですが、今竹先生のアイデアで1か所だけ大きく変えた部分があります。それはブラウス。米国は襟ぐりが広く、日本は立ち襟。なぜ? と聞くと『体格が違います』とのことでした。米国の雰囲気を残しつつ、日本人の体形にアレンジしてもらいました」

 コーヒーのおかわり無料サービス、入り口で人数を聞いて席に案内するサービスは日本のレストランでは“アンミラ”から始まったとされ、外食産業に与えた影響も大きい。半世紀にわたる歴史はいったん幕を閉じるが、集客力が高い立地候補を検討中という。

※週刊ポスト2022年8月5・12日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。