マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

2022年最新「駅弁」ランキングTOP10 1位は山形県・米沢駅の『牛肉どまん中』

2022年8月11日 15:00 女性セブン

 6位は『炭火焼風牛たん弁当』(東京都・東京駅)だ。

『炭火焼風牛たん弁当』(東京都・東京駅)
『炭火焼風牛たん弁当』(東京都・東京駅)

「もとはJRの子会社による仙台駅弁で、仙台駅の駅弁屋3社すべてが発売した牛たん弁当の最後発。牛たんが一番人気になる前の仙台駅弁のような、薄手で舌の形をした懐かしいタイプの牛たんに宮城県の“塩竈の藻塩”を振りかけていただきます」

 7位に入ったのは『牛すきと牛焼肉弁当』(東京都・東京駅)だ。

『牛すきと牛焼肉弁当』(東京都・東京駅)
『牛すきと牛焼肉弁当』(東京都・東京駅)

「常温でおいしくいただける、東京駅の牛肉駅弁の最新形です。中身はミニすき焼き丼とミニ牛焼き肉丼のセット。日本のすき焼きと韓国風焼き肉の和韓折衷で、味が濃く、煮卵がまるごと1個入っているのも魅力です」

 8位は『あっちっち神戸のすきやきとステーキ弁当』(兵庫県・神戸駅)。

『あっちっち神戸のすきやきとステーキ弁当』(兵庫県・神戸駅)
『あっちっち神戸のすきやきとステーキ弁当』(兵庫県・神戸駅)

「ひもを引くと温まる牛すき焼き丼と牛ステーキ丼のセット。 1987年に史上初の加熱機能付き駅弁を生んだ駅弁屋が、いいとこ取りで2つの味を堪能させてくれます」

 9位は『まぐろいくら弁当』(東京都・東京駅)だ。

『まぐろいくら弁当』(東京都・東京駅)
『まぐろいくら弁当』(東京都・東京駅)

「駅弁は作り置きを常温で販売するものですが、これは生ものに挑戦した傑作。辛味をつけた漬けまぐろのぶつ切りにイクラのしょうゆ漬けを組み合わせ、まぐろいくら丼を駅弁として成立させた唯一無二の存在。夏でも安心して食べられる生ものの弁当を提供する技術に感心します」

 10位が『深川めし』(東京都・東京駅)だ。

『深川めし』(東京都・東京駅)
『深川めし』(東京都・東京駅)

「東京の味覚を詰めた駅弁では最古参の看板商品。 2021年9月のリニューアルで中身があさり丼になり、本来の深川めしの姿に近づいた一方、ハゼやあなごや小なす漬けがなくなって悲しむファンもいたようです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。