マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

貧困化ニッポンの現実 炊き出しに並ぶのはホームレスや失業者ばかりではない

2022年9月3日 7:00 マネーポストWEB

かつてと様相が異なる炊き出しの風景

 安いどころか、「タダ」に群がるフツーの人たちもいる。リーマン・ショック後に増えた公園などでの炊き出しが、コロナ禍でまた増えている。都内では、日比谷公園や上野公園、渋谷の宮下公園、新宿都庁前の高架下などで日替わりで行なわれており、生活困窮者たちをサポートしている。

 ただ、炊き出しに並ぶのは、かつてはホームレスや失業者ばかりだったが、いまは様相が異なっているようだ。

 物価高で生活が苦しくなった子連れのシングルマザーや月収15万円前後の正規雇用者なども列に加わるケースが増えている。なかには、都内のタワマンに住む男性やSE(システム・エンジニア)として働く正社員の男性などが節約のために炊き出しの列に並んでいることもあるという。

 ちょっと前なら考えにくいが、いくら生活防衛のためとはいえ、タワマンの住人や安定的な収入があるはずの正社員までもが、恥も外聞もかなぐり捨てて並ばなければならなくなるほど、貧困化が進んでいると考えた方がよさそうだ。

 これまで「上流」とはいかないまでも、ごく普通の「中流」と見られていた人たちが、貧困層の領域に立ち入るような「下流」にこぼれ落ちるケースが増えている。そうした傾向はコロナ前にも見られたが、コロナ、そしてウクライナ問題で世界的に加速したインフレが、「フツーの人たちの貧困化」をむき出しにした格好といえるだろう。

(了。前編から読む

※須田慎一郎『一億総下流社会』(MdN新書)をもとに再構成

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。