マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

遺言で「子供に財産を渡さない」は通用しない 無効になるケースも多い自筆証書遺言の落とし穴

2022年9月12日 16:00 女性セブン

遺言書の作成例
遺言書の作成例

 だが、忘れてはいけないのが、公証役場では「形式面で問題のない遺言書」をつくることはできるが、それが「完ぺきな相続」になるとは限らないということだ。

 ベリーベスト法律事務所の弁護士・的場理依さんも、基本的には、公証人は、相続税や二次相続などへの“出口対策”のアドバイスまですることはないと話す。

 相続税対策やもめ事の回避のためには、事前に対策を練っておくのが重要。そのためには、やはり公証役場に出向く前に、弁護士や税理士などの専門家に相談しておくこと。

「弁護士や税理士といった専門家は、遺言書の案文を作成することができるほか、作成にあたって必要な書類集めなどの実作業をすることもあります。書類をそろえるのは、一つひとつは複雑な作業ではありませんが、数が多い。手間を省くために書類集めから弁護士に依頼する人も少なくありません」(的場さん)

※女性セブン2022年9月22日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。