マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

【細野真宏氏が教える賢い家計管理術】計画的にサブスクを活用し尽くす方法

2022年9月21日 15:00 女性セブン

2022年の商品の値上げ品目の数
2022年の商品の値上げ品目の数

契約と解約を繰り返す

細野:自分が入っている「サブスク」を把握することができたら、家計負担を減らすには大きく、次の2つの選択肢があることに気付くのが重要になるんだ。

 1つ目は、必要度が低いと思ったら、思い切って止めてしまう。これができると、この先、1年間で毎月の利用料金の12倍ものお金を節約できるので、かなりの家計負担の見直しになるね。2つ目は、必要度が高いと思った場合。この場合でも「毎月」から「1か月おきの解約と契約」への変更に自分が対応できるかをしっかり考えることが大切になるんだ。

 具体的には、「サブスク」の契約は基本的に月ごとなので、何もしないと、そのまま契約した状態になって利用料金を支払い続けることになっていくんだよ。ただ、在宅時間が減ったりして以前ほどサービスを利用していないと、損をしているような状態になるよね。そこで、「使う月」と「使わない月」を決めて、月ごとに「解約」と「契約」を繰り返すんだ。そうすると家計の負担は1年間で毎月の利用料金の6倍ものお金を節約できることになるね。

 さらに、これまでは払いっぱなしだった利用料金を、キチンと解約と契約を自分で繰り返すことで、「今このサービスを利用しているんだ」という実感を持てるように変わるんだ。そうすることで契約している月には、計画的に「サブスク」を活用し尽くせるようにも変われるんだよ。

くま:なるほど。契約しっぱなしが一番ラクではあるけれど、その場合は、そのサービスは“あって当たり前”と感じるようになるから、ありがたみが減って、そんなに使わなくなるかもね。1か月ごとに解約と契約を繰り返すと手間はかかるけれど、その方がお金を払っている、という実感が生まれやすいよね。サブスクは自動引き落としというのが家計の落とし穴としてあるから、物価高で苦しい際の見直しに適した固定費だと、とらえればいいんだね。

第4回につづく第1回から読む

【プロフィール】
細野真宏/経済ニュースをわかりやすく解説した“細野経済シリーズ”が、経済本で日本初のミリオンセラーとなり、ビジネス書のベストセラーランキングで「123週ベスト10入り」を記録。首相管轄の「社会保障国民会議」などの委員も務め、『細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする家計ノート』が発売以来13年連続完売するなど家計管理のプロとしても活躍。『家計ノート』2023年版も発売中。

※女性セブン2022年9月29日・10月6日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。