マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

「あの2000万円は…」亡き夫が愛人に貢いでいたことが発覚、遺族は返還請求できるのか 弁護士が解説

2022年10月30日 19:00 女性セブン

愛情にあふれた家庭だと思っていたが、全部嘘だったなんて…(イメージ)
愛情にあふれた家庭だと思っていたが、全部嘘だったなんて…(イメージ)

 家族が亡くなったあと、まさかの事実が判明することは珍しくない。たとえば、亡き夫が人知れず愛人に貢いでいた──そんなケースもあるかもしれない。そうした場合、どのような対処法が考えられるのか。実際に夫に先立たれた59才・会社員女性の実体験を紹介するとともに、専門家のアドバイスを聞いた。

 * * *

愛されていると思っていた。だから渡した2000万円が…

 結婚30年目に、くも膜下出血で夫が亡くなりました。58才、本当に突然のことでした。

 私と夫は会社の同期で、社内恋愛の末に28才で授かり婚をしました。当時は結婚前の妊娠は白い目で見られたので、私はすぐに会社を辞め、夫も30才で独立して起業。ところがなかなか夫の仕事が安定せず、私が昼は会社員、夜は飲食店で働きながら家計を支えていました。

 夫は私の給料日やボーナス時期になると、見計らったかのように、「今月は業績不振で不渡りが出そうなんだ。毎度申し訳ないけど、50万円ほど貸してくれないか。必ず返すから」などと言ってきました。当然、愛する夫の仕事のためですから、言われるがまま、お金を渡していました。足りないときは、実家の両親に土下座をしてお願いし、お金を工面しました。夫に渡した私のポケットマネーは、2000万円は超えていたと思います。

 夫はお金がなかったので、当然生活費も入れてくれませんでした。2人の息子の学費も、私と実家が全額支払いました。息子たちが大学を卒業するまでの約20年間、私は一度も美容院に行かず自分で髪をカット。服も買えないので、妹や友達からおさがりをもらっていました。

 そこまで尽くしたのは、夫を愛していたからです。それに、夫からの愛情も感じていました。というのも、お金を渡すたびに、「いつも本当にありがとう。すまないな。おれはお前がいるから生きられる」と、時に涙を流して感謝してくれたし、息子たちにも、「お前たちのママは立派だ。結婚するならママみたいな女性を探せ」などと言って、私を常に尊重してくれていたからです。

 家にお金を入れない代わりに、育児にも積極的にかかわり、息子たちは塾に行かずとも、夫が勉強を教えて受験を乗り越えていました。ないのはお金だけ。愛情にあふれた家庭だと思っていたんです。でもまさか、それが全部嘘だったなんて……。

 夫の死後、彼の会社の財務整理のため、税理士と初めて会い、書類を見せてもらったところ、夫の会社は業績不振どころか、ここ20年ずっと黒字だったんです。驚いて、経理担当の女性に、「業績不振だったって聞いて、亡くなる直前にも私が100万円融資したんだけれど……」と言うと、彼女は言いづらそうな顔をしながら、「あ~、それはたぶん、リエさんと社長で旅行に行っていましたから……」と告白。

 意味がわからず、さらに問い詰めると、「社長は亡くなったし、リエさんも辞めちゃったから言いますけど、リエさんは社長の愛人ですよ。私が入社する前からですから、25年くらい続いていたと思いますよ」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。