キャリア

Fラン大学OBが明かす“アホみたいな”中退事情 「彼女ができないから辞めます」

Fラン大学には中退する学生が多いというのは本当か(イメージ。Getty Images)

Fラン大学には中退する学生が多いというのは本当か(イメージ。Getty Images)

 選り好みしなければ、希望者がみな大学に入れる「大学全入時代」が近づいているが、大学への進学率が上昇したのに合わせて、大学を中途退学する人たちも一定数占めるようになっている。そしてそれは、偏差値と密接な関係があるという調査結果もある。

 独立行政法人労働政策研究・研修機構が2015年に発表した「大学等中退者の就労と意識に関する研究」によると、偏差値39の大学の学生の中退率は17.2%。以下、偏差値40~44で16.9%、偏差値45~49で11.5%と、偏差値が上がるにつれ中退率は下がっていき、偏差値65~69で3.0%、偏差値70以上で2.2%となっている(2008年度入学から2012年卒業までの期間)。つまりこのデータからは、偏差値が低ければ低いほど中退率が高くなる、という現実が読み解ける。

 では、偏差値の低い、いわゆる「Fラン」と言われる大学の中退事情はどうなっているのか。OBたちの声から、その実態を探った。

誰かが辞めると自分も辞めたくなる“ドミノ中退”も

 飲食店スタッフの20代男性・Aさんは、自身がFラン大学に進学した理由をこう語る。

「僕は高校までは野球一筋。甲子園常連の強豪高校に推薦で入りました。とはいえ、レギュラーでバリバリ活躍できたわけじゃなく、上のレベルでやるのには限界も感じていた。そうして、進路を決める段階で、やりたいことがわからなくなったんです。特にやりたいこともなく、でも勉強もしたくない。先生には、指定校推薦で行けるところならどこでもいい、と言って入学したのが、いわゆるFラン大学です。僕と同じ体育コースで、仲の良かった同級生は、大体指定校推薦で進学していました」(Aさん)

 高校卒業後、就職するという選択肢もあったが、Aさんは、「働くのはまだ怖かった」と振り返る。

「Fランであっても、“大卒”にはなる。自分が何をしたいのか、探すために4年間をもらった感じです。とはいえ奨学金を借りると返さなくちゃいけないので、親には『学費以上に絶対恩返しするから』と頭を下げて、お金を出してもらいました」(Aさん)

 そして大学に入学したAさんが目にしたのは、講義に出ても一切話を聞かない学生や、すぐに「辞める」と口にする学生たちで、実際、中退した同級生も少なくなかったという。

「先生の目の前で、椅子3つ分を使って横になって爆睡したり、授業中にビールを飲んだり。UNOをしている人たちもいました。寝るにしても酒を飲むにしても、外に行けばいいのに、わざわざこれみよがしにするのが残念ですよね……。

 大学に何をしに来てるかって、友達と群れて安心する感じです。だから最近の学生なんかは、オンライン授業になると、群れられず、大学生でいる意義がわからなくなる。それで誰かひとり知り合いが辞めると自分も辞めたくなる、みたいな“ドミノ中退”が起きてるみたいです」(Aさん)

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。