投資

宝石はいくらで売れる? 金、ダイヤ、ルビーほか、宝飾品の最新買取相場を調査

いま金、ダイヤ、ルビーなどの宝石はいくらで売れるか

いま金、ダイヤ、ルビーなどの宝石はいくらで売れるか

 いまリユース市場が拡大中。家に眠る「お宝」を売って少しでも家計の足しにしたいところだが、いま高く売れる宝飾品にはどんなものがあるのか?

 12月5日時点の金の買取相場は、8510円/g。過去最低額を記録した1998年の865円/gの約10倍と、日本の金相場は高値を記録している。

「金製品を売るなら、いま。金は純度に応じて1g当たりの単価が決まるので、14金や18金も買取可能です」とは、総合買取業者「買取福ちゃん」の査定士・川元裟絵さんだ。

 宝飾品の販売価格には、宝石の価値にデザイン費や広告費などの利益が上乗せされており、宝石の購入額=宝石の価値というわけではない。

「買取価格は、宝石の価値+地金+ブランドの価値などを考慮して決めるので、買取額は購入額より下がりますが、素材の値段(特に金)が上がっているので、高額査定が狙えます」(川元さん・以下同)

 片方しかないピアスやイヤリング、切れたネックレスのチェーンも買取してもらえるという。実際の査定例を見てみよう。

●サファイア
参考買取価格=約50万~60万円

サファイア(写真右の参考買取価格=約50万~60万円)

サファイア(写真右の参考買取価格=約50万~60万円)

 中央にサファイアをあしらった2つのリング。写真左の方が石が大きく高価に思えるが、サファイアの場合は石の大きさより色が重要となるという。

「ブルーが特徴的なサファイアですが、その色みはさまざま。写真左のように黒っぽい青(インクブルー)が一般的ですが、写真右のように色が鮮やかで内包物がなく、クリアなものほど価値は高くなります」

●ルビーほか
参考買取価格=約9万円

ルビーほか(参考買取価格=約9万円)

ルビーほか(参考買取価格=約9万円)

 ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドは、世界4大宝石と呼ばれ、その人気は中古市場においても高いという。

「写真のルビー(右下)の場合、照りや輝きがなく、石の状態はあまりよいとはいえませんが、買取価格は約9万円に」。ちなみにジュエリーのデザインは、ブランド品や作家性のあるもの以外、ほとんど査定額に影響はないという。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。