マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

住宅ローン減税の拡充で不動産価格が下落するカラクリ

2019年2月10日 11:00

住宅ローン控除の拡充で新築物件が増える一方で“家余り”が進む(イメージ。Getty Images)

 2019年10月、いよいよ消費税が10%に引き上げられる予定だ。この消費増税によって何が起こるのか。ファイナンシャル・プランナーの藤川太氏(家計の見直し相談センター代表)は、「消費増税とそれに伴う景気対策によって、住宅・不動産事情が大きく変わる」と予測する。藤川氏が解説する。

 * * *
 今年10月に予定される消費増税による景気の落ち込みを防ぐ対策として、政府は軽減税率の導入や自動車にかかる税金を引き上げるほか、住宅ローン減税の拡充を打ち出しています。これは消費税が引き上げられる2019年10月~2020年12月末までに入居する住宅に限り、住宅ローンの控除を受けられる期間を現行の10年間から13年間に延長するもので、控除額は10年間で最大400万円から13年間で480万円に拡充される見通しです。

 ただ、そもそも消費税は「土地」ではなく、「建物」にしかかかりません。また、中古物件など、売主が個人の場合もかかりません。消費税が10%に引き上げられて影響を受けるのは業者から買うケースであり、その大半が新築物件といえるでしょう。つまり、住宅ローン減税の拡充というのは、個人間売買の中古物件が対象ではなく、業者から買う新築物件を対象とした「新築優遇策」といえます。

 皮肉なことに、そんな政策が将来の不動産価格に大きな影響を及ぼそうとしています。どういうことか。紐解いてみましょう。

 いうまでもなく少子高齢化が進む日本では人口が2008年にピークに達したのに続き、今後は世帯数も減っていくことが予想されています。国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数の将来推計」などによると、2023年にも世帯数はピークを迎え、2024年以降はピークアウトすると予測されています。

「不動産」関連記事

【無料】国内最大手6社に一括見積りできる不動産売却ポータルサイト
【無料】国内最大手6社に一括見積りできる不動産売却ポータルサイト
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

仮想通貨で1日3億円稼ぐKAZMAXがFXに注目する理由
トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月5000円の金利収入も メキシコペソのスワップポイント比較
楽天ポイントやdポイントを無駄にしていませんか? ポイントを投資に有効活用
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。