マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

住宅ローン減税の拡充で不動産価格が下落するカラクリ

2019年2月10日 11:00 マネーポストWEB

 するとどうなるか。世帯数が減る一方で、現在のような年70~80万戸ペースで住宅総数が増加していくと、空き家が増えるのは必至でしょう。5年ごとに行なわれる国土交通省の統計では、2013年の空き家率は13.5%でしたが、これが2018年(まだ発表されていない)には16%を超えてくるに違いありません。野村総合研究所の予測では、2033年までに空き家率は倍増して30%にも達すると見られています。

 そんな道筋が見えているにもかかわらず、政府は消費増税対策として住宅ローン控除の拡充という「新築優遇策」を進めようとしています。住宅ローン控除の拡充で新築物件が増える一方で“家余り”が進むというのは、あまりにも場当たり的ではないでしょうか。

 このままいけばどうなるか。「いま住宅ローンを組めばトクする」などと信じ込んでせっかくマイホームを手に入れたのに、一方では家が余って不動産価格が下落する傾向に歯止めがかからなくなる恐れがあるのです。都心ならまだしも、地方都市や郊外でその傾向は顕著になるのではないでしょうか。住宅ローンを抱えて、何かの事情で家を手放さなくなったとしたら、不動産価格が値下がりしていることで家を売ってもローンが残ったりして、にっちもさっちも行かなくなる可能性があるわけです。

 もちろん政府は景気を冷やさないことに力を入れてほしいのですが、それによって「空き家率の急上昇」という今後の歪みを大きくしようとしている。目先ばかりにとらわれず、もっと中長期的に有効な手立てを実践しなければ、そのツケは国民に回ってくるのです。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。