マネー

松本明子が語る「空き家」の苦労 25年間維持費を払い続けた

 幸運にも、県が運営する「空き家バンク」でUターン予定の購入希望者が現われ、リフォーム代に相当する金額で売却できた。

「実家を売却できてよかったと思います。そのまま残しておいたら、今度は私の息子に大変な苦労を背負わせることになっていたかもしれませんしね。

 もちろん、長い間実家を残しておいたことを、失敗だったとは思っていません。ただ、事前に両親と実家の“その後”をどうするかをもう少しきちんと話し合っておいてもよかったなと思っています」(松本)

※週刊ポスト2019年3月22日号


【相続関連記事】

神田川俊郎さん、一周忌でも4億円不動産相続されず 複雑な家族関係も

石原慎太郎さんが進めていた緻密な終活 それでも残る死後の整理への不安

藤村俊二さんの息子が明かす「密葬」しかできなかった理由

“不動産女王”だった樹木希林さんの家族を幸せにする相続術

永六輔さん、「遺言」がなくても相続でもめなかったワケ

高嶋政宏、両親の土地200分の1「いわくつきの生前贈与」を明かす

松本明子が語る「空き家」の苦労 25年間維持費を払い続けた


当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。