マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

樹木希林さん 内田裕也さんの死を見越していたかのような生前手続き

2019年3月18日 16:00

樹木希林さんと内田裕也さん夫婦の家族への配慮とは(写真:時事通信フォト)

 昨年9月、樹木希林さんが75才で亡くなった。その後を追うように、夫の内田裕也さんが、3月17日に肺炎でなくなった(享年79)。樹木さんは、まるでそうなることを見越していたかのような用意周到な生前の手続きをしていた──。

 樹木さんは、昨年、映画『万引き家族』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞したが、3月1日の授賞式では娘でエッセイストの内田也哉子(43才)がステージに上って、以下の言葉を述べた。

「生前、母がよく口にしていた『時が来たら 誇りをもって 脇にどけ』という言葉が、文字通り、今日できると思います」

 この言葉は、樹木さんが生前好んでいたドイツの詩人、エーリッヒ・ケストナーの詩『警告』の一節だ。死を受け入れる、そして、次の世代に道を譲る──。

 樹木さんの「死に方」は、まさに“次の世代”のお手本になるものだった。

 授賞式で也哉子はこう明かした。がんが見つかった樹木さんが真っ先にしたことは、生涯の伴侶である内田裕也さんに「それまでのすべてのことを謝りに行くということ」だったという。残された時間がわずかだと知った時、自分とかかわった人たちに謝ってから逝きたいと、樹木さんは考え、実行したという。

 樹木さんという稀代の女優のユニークなところは、そのように精神的な面で“脇にどいた”だけでなく、実務的な「生前の手続き」でも、実に用意周到だったところだ。

 都内に、少なくともマンション3つ、戸建てを5つ。樹木さんは「芸能人は生活の保障がないから、お金があるうちに不動産を買うべき」が口癖で、芸能界屈指の“不動産王”だったことは、ほとんど知られていない。

「不動産」関連記事

【無料】おうちダイレクトで大手~地元の不動産一括売却査定
【無料】おうちダイレクトで大手~地元の不動産一括売却査定
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。