マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

麻雀、ソリティア、テトリス… 時間を浪費する「沼」からどう抜け出すか

2019年5月5日 15:00

盲牌で自分の牌を伏せたままプレイできた

 ゲーム関係は中毒性が強いようだ。新聞社で働くYさん(40代男性)は、その昔、ゲームセンターの“落ち物”のパズルゲーム「テトリス」にドハマリしてしまったという。

「もとからゲームセンターは大好きでしたが、中高生の頃に特にハマったのが『テトリス』でした。あっという間に上達し、毎日“カンスト”(「カウンターストップ」の略。それ以上、数字が増えない点までスコアが達すること)までプレイするのが日課になっていました。テトリスはカンストになってもゲームオーバーにならないので、気分次第では2~3時間やっていました。その頃は、夢の中にもテトリスが出てきました」(Yさん)

 その後、大学生になるとゲームセンターに通う機会が自然と減り、沼から抜け出したというが、今でも昔と同じテトリスの筐体を見かけると、ついやってしまうことがあるという。

 学生ならありがちだが、度を越して麻雀にハマってしまったのは、自営業のIさん(40代男性)だ。

「もう20年以上前、私が大学生の頃ですが、それこそ朝から晩まで、年がら年中、麻雀をやっていました。一番やりこんでいた頃は、盲牌(指の感触だけで何の牌か当てること)が完璧にできたので、自分の牌を伏せたままプレイできましたし、ドラの“赤牌”も盲牌で分かりました。ちなみに全く役に立ちませんが、カレーを食べると、その日のバイトが誰かも一発で分かりました」(Iさん)

 自分でも将来が心配だったが、「就職したことで強制的に麻雀どっぷりの生活から離れられた」というIさん。環境の変化こそが「沼」から抜け出す近道なのかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。