マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

「見栄えが悪い」「規格外」「売れ残り」…農家のプライドと苦悩

2019年5月28日 7:00

 ただ、野菜は生きもの。たとえば、ピーマンのように劣化ではなく熟して赤く変色するものや、にんにくなどの玉もののように割れが生じるものもある。また、キャベツは収穫が少し遅れたり、そのタイミングで雨が降ったりすると、少しヒビが入ることもある。そこを理解してほしいと話す。

「割れて土が入ったにんにくも、私は“完熟割れにんにく”と名付けて販売してます。ひと皮むけばまったくA品と遜色なく、すごく風味がよくて人気のにんにくなんですよ。でもある時、農家仲間に『あんなみっともないものを売らないでください』と言われたんです。同じ農家として恥ずかしいと。さすがにショックでしたね。私はそんなに恥ずかしいものを売ってるのか…と」

「B品野菜を売るくらいなら、廃棄した方がマシ」

三浦半島のブロ雅農園代表・鈴木雅智さん(右)と母の順恵さん
三浦半島のブロ雅農園代表・鈴木雅智さん(右)と母の順恵さん

 除草剤と土壌ガス消毒の使用ゼロ、農薬もほぼ使わないブロ雅農園の野菜は味が濃くおいしいが、B品野菜を大量に生むリスクも高い。

「農協に卸していない農家さんでも、見た目がいいもの以外は、人の目に触れさせたくない、あるいはB品を売るくらいなら廃棄した方がマシだ…というかたもいます。私にはそのプライドもよくわかります。

 私も、キャベツをスーパーに納品したら、そのうち1玉に虫が見つかって、うちで全額負担して廃棄してもらったこともあるし、運送中、ブロッコリーに花が咲いちゃって泣いたことも。農業をやっている意味はあるのか…と自問することもよくあります。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。