マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

居酒屋『ミライザカ』、顧客ニーズに合わせた「屋号替え」で成功

2019年7月1日 15:00

同じビル内に『ミライザカ』と『鳥メロ』を集中出店

同じビル内に『ミライザカ』と『鳥メロ』を集中出店

 競争が激しい居酒屋チェーン。三光マーケティングフーズが運営する『金の蔵』や『東方見聞録』は、客離れを防ごうと「全品270円均一」への転換を試みたがうまく機能せず、「270円均一」の看板を下ろさざるを得なくなった。

 その結果、2008年6月末時点に54店舗を展開した『東方見聞録』は、現在3店舗に縮小(6月19日時点、29日に4店舗目をオープン予定)。『金の蔵』もピーク時(2012年6月期)の79店舗から、63店舗になっている(6月19日時点)。

 一方、居酒屋業界で近年、店舗数の伸びが目立つのが、焼き鳥を売りにした『三代目鳥メロ』や、唐揚げが主力の『ミライザカ』だ。

 2016年7月に1号店がオープンした『鳥メロ』は現在143店舗、『ミライザカ』は2016年6月に開店し現在166店舗へと急増している(2019年5月末時点)。

 両者の経営元は、大手居酒屋チェーンのワタミだ。店舗経営コンサルタントの佐藤昌司氏が解説する。

「2014年には、『和民』『坐・和民』を中心にグループ全体で約650店舗を誇ったワタミ系列ですが、現在では約480店舗まで縮小している。

 そのうち、かつての主力だった『和民』『坐・和民』の内訳は80店弱で、多くの店舗を新規事業の『鳥メロ』、『ミライザカ』へと転換しています。両者は鶏料理をウリにしており、メニュー数を絞っているため、仕入れコストの削減や、調理に必要となる人件費の抑制につながっている。その結果、各店舗の売上高は前年同期比で平均30%超も増加しています」

 顧客のニーズに合わせて“屋号替え”を行ない、不採算店舗の撤退と新規出店を達成しているのだ。

※週刊ポスト2019年7月5日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。