マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

メルカリで売買される「使用済みコスメ」、購入する女性たちの心理

2019年7月2日 15:00

 メルカリに出品経験のある前出のAさんは、「メルカリ側でも、コスメ系の出品は厳しくチェックしているようです」と話す。知人からもらった海外のお土産のリップを出品しようとしたら、“禁止されている”ものとして出品できなかったのだという。

 実際、メルカリの「コスメ・化粧品の取引ガイドライン」を見ると、禁止されている出品物として、「法的許認可のない手作りコスメ、化粧品、石鹸、シャンプー、コンディショナー、乳液など」「店頭で使用される化粧品のテスター」「化粧品、香水などの小分け販売」「製造番号・製造記号(ロットナンバー)や成分表示が、商品本体やその外箱に記載されていない又は削られている化粧品類」「個人的に輸入した化粧品類」「その他、薬機法に抵触する化粧品類」などが挙げられている。

 また、使用済みコスメといっても、何でも良いというわけではない。20代女性会社員・Cさんは、“使用済み”でも欲しい化粧品は限られると語る。

「使用済みでも欲しい化粧品って、デパコス(デパートコスメ)の高い物だと思います。インスタとかSNSで自慢できたりして、持っていることがステータスになるようです。普段はドラコス(ドラッグストアで売られているお手頃価格のコスメ)ばかり使っているのに、メルカリでデパコスを購入し、それをSNSにあげている知人がいます」

 一方で、ステータスやお金といった問題だけではない事情もあるようだ。20代会社員女性・Cさんは、メルカリでの購入経緯をこう説明する。

「敏感肌の場合、高い化粧品でも肌に合うかは別問題。だから、特にほしいと思った新商品は手を出しにくくて、たとえ使用しているものであっても、“お試し”感覚で安く手に入るのは本当にありがたいんです。私の給料では、肌に合うか分からないものをいきなり新品定価で、いろいろと試したり買ったりは難しいので……」

 個人差はあるが、若い世代にとっては、リユースや中古は“当たり前”。今後も、これまで思ってもみなかったものがリユースされていくのかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。