マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

60歳以降は働いても「下流」が「上流」に逆転できない残酷な現実

2019年10月4日 16:00

 では、資産を持たない層が75歳まで働いたらどうか。サラリーマンが雇用延長期間の65歳を過ぎて再就職するケースでは、職種は限られ、求人があったとしても給料は10万円台などが大半だ。

 その間、年金を我慢すれば給料で生活費を賄わなければならず、「貯金して運用する」余裕はない。60代で2000万円以上の金融資産を持つ層は、老後の30年間を余裕を持って生活できるが、75歳まで働く“下流老人”はその間、生活に追われるという「老後格差」は歴然としている。

 75歳になって夫婦で40万5000円の年金をもらうようになれば、下流世帯にも初めて生活に余裕が生まれる。しかし、それを蓄えて95歳で1800万円の貯金ができて、それから上流老人のように運用できるといわれても現実的ではない。

※週刊ポスト2019年10月11日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。