マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

2035年の高齢者を取り巻く医療環境 入院拒否や終末期医療の危機も

2019年10月7日 7:00 週刊ポスト

「終末期医療」も存続が危ぶまれている。

「国は病床数削減で入院できない事態を見据え、在宅医療を推進することでカバーしようとしていますが、現在でも一部地域では終末期医療まで対応できる医師が不足しています」(室井氏)

 75歳以上の死者数は、2010年からの25年間で、1.88倍に増加すると予測される。そうなれば、終末期医療を担う医師不足にも拍車がかかる。

「終末期医療は、24時間365日の往診も珍しくない激務で、患者の最期を看取るところまで対応できていません。志望者が少なく、医師数が増える見通しは立ちません。一方で、患者数は増え続けるため、35年には高齢化の進む都市部で医師の供給が追い付かなくなり、終末期医療を受けられなくなる怖れがあります」(室井氏)

※週刊ポスト2019年10月11日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。