マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

名誉ある盾や勲章を売買して処罰されることはあるのか?

2019年11月8日 15:00

 ちなみに、文化的価値のある物で制限があるのは重要文化財(重文)です。重文を文化庁長官の許可なく輸出すれば犯罪。国内売買でも、重文の所有者は文化庁長官に予定代金額を申し出て先買いの機会を与える義務があり、黙って売却すると罰金で処罰されます。

 ともあれ、盾などを処分されて困るようなら、高校野球の優勝旗のように贈与ではなく、預けることにすればよいのです。そうすれば、表彰を受けた者が預けて保管しているトロフィー等を売り払ったりすると業務上横領になり、処罰されることになるからです。

 売ったら返せ、という条件で贈呈はできますが、売った物を取り戻せるかは別問題です。また、貰った人は贈呈者のために所持しているとはいえないので、違反しても背任になることはありません。

【プロフィール】竹下正己●1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2019年11月8・15日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。