マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

宝くじ、同じ当せん確率の買い方でも当せん金額に差が出るケース

2019年12月11日 15:00

 ここまでは、どちらを買っても同じように見えるが、肝心の当せん金額ではどうだろうか。例えば、次のような当せん金だった場合で計算する。

◆ストレート……930200円
◆ボックス……38700円
◆セットストレート……484400円
◆セットボックス……19300円
(※2019年1月29日に抽せんされた第5101回のナンバーズ4の実際の当せん金)

【抽せん数字が「4361」の場合】
◆(A)968900円(ストレート930200円+ボックス38700円)
◆(B)968800円(セットストレート484400円×2)

【抽せん数字が「4631」や「1634」などのように順番が違っていた場合】
◆(A)38700円(ボックス38700円)
◆(B)38600円(セットボックス19300円×2)

 上のように同じ数字を2口買う場合、「ストレートとボックスを1口ずつ」が「セット2口」の金額を下回ることはなく、上回るケースが出てくるのだ。しかもこれは、今回検証したケースに限った話ではない。他の抽せん回号の結果で検証してもらえば、いずれもそうなることがわかる。

 本来、同じ期待値のはずの買い方で、なぜ当せん金額に差が出るのだろうか。その理由は、「当せん金は100円単位で、端数は切り捨てる」というナンバーズの規定によるものである。

 例えば「4361」が抽せんされた場合、セットはストレートとボックスを半分ずつ買っているので、セットストレートの当せん金は、「(ストレートの当せん金+ボックスの当せん金)÷2」となる。ところが、この式で算出された金額は484450円のため、100円未満の端数が切り捨てられて484400円になってしまったというわけだ。もちろん、これはナンバーズ4だけでなく、ナンバーズ3にも同じことがいえる。

 要するにナンバーズを買う時は、「セット2口」で買うより「ストレートとボックスを1口ずつ」買う方が、ちょっとだけお得、というわけだ。宝くじの仕組みはなんとも奥深い。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。