マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

専業主婦の黄金期の終焉 安倍政権「女性活躍」で風向き変わった

2019年12月26日 16:00 女性セブン

単身高齢女性は貧困に陥りやすい
単身高齢女性は貧困に陥りやすい

 結局、女性は頑張って働いても、心身共に力尽きていく。さまざまな「理不尽の壁」がいくつも立ちはだかり、「働いたって損」「男が働いた方が豊かな暮らしができる」「結局専業主婦が最適」と思わせる社会構造になっているのだ。

「『貧困なのに専業主婦』という言い方は、暗に自己責任論を含んでいるように聞こえます。そして当人も、『自分で専業主婦を選択しているのだからとやかく言われたくない』と予防線を張り、知らず知らずのうちに『自己責任論のワナ』にはまっています。しかし、本当は専業主婦を選んでいる背景にはさまざまな制度や風土・文化的な障壁があって、その中には社会全体で解決すべきものもあるはずです」(中野さん)

 状況は今後さらに悪化する可能性が高い。

「『女性が活躍する社会』に求められるのは、すべての女性を労働市場に参加させる政策です。当然、専業主婦を前提とした『配偶者控除』や、配偶者が受け取れる国民年金である『第3号被保険者』など、専業主婦に有利なさまざまな制度も見直されていくでしょう」(橘さん)

 一般的に、女性は男性より長生きであり、夫に先立たれた後の人生も考えておかなければならない。総務省のデータによると、現在65才以上の女性の単身世帯では、2人に1人(56.2%)が貧困に陥っている。

「バブルの時代に『玉の輿婚』や『勝ち組婚』などといわれ、一生安泰と思われた女性も、夫と死別した後の分までは稼げておらず、貧困に陥っているのが現状です」(白河さん)

 構造的な問題を抱える「貧困専業主婦」は今後も増えていくとみられている。そんな矛盾した社会をどう生きるか。やはり最後には、企業や男性、社会全体の意識が変わるほか解決の道はない。

 いつまでも「幸せ」でいられるために、主婦も、まずは現実を直視することから始めるべきかもしれない。

※女性セブン2020年1月1日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。