マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

SNSが助長する“完璧なママ”幻想、女性を出産から遠ざける一因に

2020年2月6日 15:00

SNSでの同調圧力が出産のハードルに?(イメージ)
SNSでの同調圧力が出産のハードルに?(イメージ)

 日本における出生数はついに、統計史上初の90万人割れを記録した。厚労省が昨年12月末に公表した「令和元年(2019)人口動態統計の年間推計」によると、2019年の出生数は86万4000人。前年から5万4000人減少し、明治32(1899年)の統計開始以来、最も少なくなる見通しだ。

 女性の大学進学率・就業率が上がるなか、出産や子育てによって“失われる利益”は増す一方だ。勤務時間の短縮や昇進の遅れ、退職を余儀なくされるなどで、本来手にするはずだった収入が得られなくなるリスクが上がる。さらに、男性の育児休業取得に批判的な日本独自の「風土」や「雰囲気」など、女性の出産を阻む壁は数多い。

 家庭に目を向けても、女性の社会的役割に対する固定観念は今も根強い。団塊の世代が育った1950年代は、“専業主婦黄金期”。働かなくてよい主婦は豊かさの象徴だった。

 時代とともに女性の社会進出が広がると、「女性が輝く=これまでのように家事育児もやりつつ働く」との価値観が広がり、今に至る。

 しかし、1950年代当時にそれが可能だったのは、祖父母と同居していたり、地域のなかで子供を育てられたからだ。核家族化が進み、地域共同体が崩壊した現代では、こうした“成功体験”は、時に足かせとなる。『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』(光文社新書)の著者で家事研究家の佐光紀子さんが指摘する。

「今の親・姑世代には“手間暇=愛情”という価値観があり、自分たちと同じ家事育児を子供世代に求めがちです。だから母親が子供を預けると“子供がかわいそう。愛情不足になっちゃうわよ”などと、いまだに白眼視されやすい。

 また子供世代にも“親が自分にしてくれたことを、働いていると子供にしてあげられない”という罪悪感を持つ女性が多い。こうした人々は、現実的にはとうてい不可能なのに、“社会が求める完璧なお母さんになろうと努力中”であることをアピールすることが重要だと、知らないうちに刷り込まれている」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。