マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

回転寿司の新潮流、「大人の客」引きつけるグルメ系に勢い

2020年3月25日 15:00

回転寿司業界の新潮流とは?(イメージ)
回転寿司業界の新潮流とは?(イメージ)

 回転寿司業界ではネタの新鮮さや価格で大手チェーンが鎬を削っているが、大手以外の全国進出も目覚ましい。地元の海の幸をひっさげ、北海道の「函太郎(かんたろう)」「根室花まる」、北陸の「金沢まいもん寿司」といったご当地系のほか、専門家から“グルメ系”と呼ばれるジャンルの店も勢いを増している。

 これらのジャンルは大手が取り逃がしている「大人の客」を引きつけていると分析するのは回転ずし探究家の柳生九兵衛さん。

「スシローをはじめとした大手は酒類をビールなど数種類程度しか置いていないが、大人向けにアルコールを充実させ、それをウリにする店も登場しています。たとえば東京の『銀座沼津港』。ここは日本酒やビール、ワインなどアルコールメニューを充実させており人気が高い。

 安さをウリにする店とは異なり少し価格は高いのですが、もちろん値段では大手の安さには勝てないけれど、大人向けに厳選した質の高いネタを出す。大手チェーンはお酒を飲みながら長居されると回転率が下がってしまうので、こういった真似は絶対にできない」

 ゆっくりグラスを傾けながらつまむおすし。まさに“回らないすし”に近い利用法だが、大きなメリットがあると柳生さんが続ける。

「たとえば、高級すし店のカウンターでお酒も飲めば数万円かかるところ、回転ずしなら高い店でも数千円くらいで楽しめるのがうれしい。ファミリー層をメインにする大手店では、酔ったお客さんに長居されたくないのでこういった戦略は取らないはずです」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。